デザインや包み方によって変わる撥水風呂敷の表情

撥水風呂敷のデザイン:迷彩

デザインが大事

風呂敷は、日本ならではの包み布でもありますが、世界各国には
風呂敷と同じように一枚の布で物を包むために利用されていることもあります。


しかし、風呂敷は特徴的なさまざまな包み方を持っています。


ボールや瓶などの特殊な形をしているものであっても、どんな形のものでも
スタイリッシュにうまく包むことができる方法があります。

洋風柄
以前であれば、風呂敷という名称がついているように、銭湯にお風呂に入る時の
道具を入れるための袋として利用されたり、着物スタイルにも合うものを
持ち運ぶためのバッグのようなものとして利用されてきましたが、今日でも
今風のアレンジをして多くの人に利用されています。


風呂敷にはさまざまなサイズがあるので、何を持ち運ぶのかによっても
サイズで選ぶ必要がありますが、さらにデザインや機能性でも選んでみるといいでしょう。


デザインでは、着物スタイルにもピッタリな和の絵柄や模様、色味でたくさん
販売されていますが、洋服スタイルに合わせて持つことができるような
洋風の絵柄も多く揃っています。

防水加工
また、男性が持っても違和感がないような迷彩柄なども作られており、
一般のバッグと同じように活用することができます。


カジュアルなスタイルにもピッタリですが、アウトドアシーンでも大活躍をすることになります。


キャンプに行くときには、その場所で生活をすることから持って行くものが
とても多くなってしまいます。小さなものになると、どこに入れたのか
分からなくなってしまいがちですが、風呂敷があればどんな形のものも
包むことができるので、たくさん用意しておくと役立ちます。


さらに、撥水風呂敷であればアウトドアシーンでも中に入れたものを濡らすことがありません。
撥水風呂敷は、内側も外側も防水加工が施されているので、雨の日に中身を濡らさないだけでなく、
中に入れたものがもしもこぼれてしまったとしても、風呂敷を濡らしたり外に滴り落ちることもないので安心です。